スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

えちぜん鉄道

 10日から福井へ3日間行ってきました。今回は、特急を使わずののんびり鉄道の旅でした。

 10日大阪駅から3時間半ほど、電車を乗り継いで福井へ行ってきました。楽勝!と思っていた3時間半。実はこの日、青春18切符の使用期限最終日のため、車内はぎゅうぎゅう。車内90%以上が「青春×3」ほどの年齢の人たちだったのにもかかわらず、そのパワフルさには圧倒されます。

 福井駅からは「えちぜん鉄道」を利用。そのアットホームさに驚きました。1両の電車の中で、女性の車掌さんが一人ずつに「ありがとうございます」と挨拶に来てくれます。
ついた駅では改札というより、ホームにある引き戸を開けて、一旦待合室に入りそこで切符を渡して外に出ます。
 窓口で切符を買うと、次の時間とホームを聞かなくても教えてくれますし。新入生らしい学生さんを見つけて「一年生?何分の電車乗ってるの?みんなは大体これぐらいの時間」とおせっかいを焼く駅員さんがほほえましくってたまりません。

machiai
待合室の大人のいすには座布団。子どものいすもあります。

echizenrine
真ん中のホームは広い平均台のようです。その先に広がる線路。すべてミニサイズです。

自転車に乗って

 今日は、お休みをいただいている日でしたので。お店には少ししかおらず、自転車に乗って堀江と船場へ行きました。本当に暖かくて、自転車を走らせていると気持ちが良かったです。桜ももう散り始めて葉っぱが見えはじめましたね。
 知り合いの展示を見て、久しぶりにお世話になっているお店をのぞきに行っていました。ARTHOUSEさんでおしゃべりをしていると、大阪にいるはずのない静岡のイラストレーターHITO.さんがやってきてびっくり。「今日ひなたにいけないから会えないかと思っていたのに。こんなところにまきさんがいるとは!」といわれました。いや、私はいそうだけど、HITO.さんがいるほうが不思議なのよ・・・。
 明日から福井県に行ってきますので、メールを下さっている方、お返事少し待ってくださいね。

金曜日からはナカシマトモミさんの『週末の夢』が始まります。
ほんわかとした夢をお楽しみに。
syumatu