スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

北海道バードウォッチング2(休日日記)

(12月の中頃に行った北海道 鳥旅行の続き)

 

タクシーの運転手さんとお話しながら、苫小牧のウトナイ湖へ。

湖、凍っていました・・・・。

きっと数日前まではハクチョウも居たんだと思いますが、出会う事が出来ませんでした。

唯一会えた水鳥は、ダイサギ。

なんだか変なのは、湖が凍っているからですね。


湖岸の雪の中をずっと歩きましたが、残念ながら、足跡だけでキツネや鹿の姿は見ることは出来ませんでした。

 

 

2日目は早朝から円山公園へ。

 

昨日の千歳市より雪が深かったです。

丸太の下の雪の無いところに隠していたごはんをかくしていたんでしょうね。

ヤマガラとゴジュウカラとハシブトガラ、シジュウカラが交互に木の下に入って土を掘っています。

 

ハシブトガラのおしり。

ちょうど、うちにいるキンカチョウのたまちゃん(にゃんにゃん)と同じサイズの小鳥さん。

(丸山公園)

アカゲラ、ウソ、ゴジュウカラ、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ等

 

北海道大学のキャンパスにも行きました。

生徒も観光客、地元の方がたくさんいました。

 

ツグミが木の実を食べにきています。

 

たった2日間だけのバードウォッチングの旅でしたが、北海道の固有種も見られたし、

美味しいものも食べ、クリスマスのイルミネーションも見て大満喫でした。

今度はどんな場所で、どんな鳥に出会えるのか楽しみです。

 

スポンサーサイト